スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恵比寿と五反田

横浜に住んでいると、すべて横浜周辺で事足りるので、
都内に出かけることは少ない。

その中でも恵比寿と五反田はよく行く場所だ。

恵比寿はおしゃれなお店が多く、
歩いている女性も、おしゃれでいい女が多い。

女性と待ち合わせをするのにも恵比寿が多い。

以前おじさん二人で恵比寿に行き、お店に入ったところ、
ガラス張りのおしゃれなお店で、
まわりは若者とカップルばっかり、
当然おじさん二人は浮いた存在でした。

その後、2度ほど、おじさん同士で恵比寿のお店に入ったが、
やはり同じようなおしゃれなお店だった。

恵比寿でおじさんが入れるようなお店を見つけるのは難しい。

その点五反田はいい。
おじさん同士で行っても、入れるお店がいっぱいある。

五反田はオフィスだけでなく、
キャバクラ、ピンサロ、SMクラブなど、
歓楽街のみならず、怪しげなお店が多い。

それもあってか、おじさん達がたくさんいる。

しかし逆に女性との待ち合わせに関しては、
ちょっと問題が・・・。

ある程度親しくなったら問題はないが、
まだ知り合って間もないときは、
五反田で待ち合わせるのはなるべく控えるようにしている。





ランキング参加しました。
良ければポチッとお願いします。



スポンサーサイト

コストパフォーマンス

女性とデートで食事をするとき、
皆さんはどんなお店を選ぶのでしょう。

特に初めてのデートなどでは頑張って、
できれば、女性の好みを聞いて、店の雰囲気がよく、
料理もおいしく、従業員のサービスいいお店を選びたいですよね。

そのため少し高くても頑張るのでしょうか。

私の場合、上の条件を満たしたところで、
なおかつ安いところに連れていきます。

高くて美味いのは当たり前。
高くて雰囲気がいいのは当たり前。
高くてサービスがいいのは当たり前。
高くて上記の条件が揃わないのは問題外。
安くて、それに似合った条件のお店をデートに使います。

私はそういったお店のリストを揃えています。

特に初めてのデートのときなど、
あまりに高くて有名なお店に連れていくと、
今後お付き合いするにあたって、後が続きません。

付き合っているうちに、
お互いなあなあになってきて、
だんだんお店のレベルが下がっていき、
「釣った魚には餌をやらない」状態になってきます。

時にチープな居酒屋も、それはそれで楽しいです。

彼女がもし希望して、高価で有名なお店に行きたがるなら、
その時は連れていきます。

でもそれはある程度付き合ってからです。
最初のデートからではそんなところには行きません。

最初のデートでは、女性から希望のお店をいうことは少なく、
男性のリードを期待します。
お店の決定権はほとんど男性にあります。

かといってパクチーの嫌いな女性に、
タイ料理レストランに連れていくのは問題外です。

初めてのデートのときに使えるコストパフォーマンスのある使えるお店を
何軒か用意しておきましょう。




ランキング参加しました。
良ければポチッとお願いします。



ちょっと田舎のラブホテル

彼女とお泊りするときは、
いつもラブホテルを利用する。

以前は、都内のラブホテルをよく利用していた。

都内のラブホテルは選択肢がいっぱいあるし、
頻繁に改装するのでキレイだ。

でも部屋は狭くてホテル代が高いのが難点だ。

そして彼女が一番嫌がるのは、
都内のラブホテルは風俗がデリヘルなどの風俗が利用しているので、
気持ち悪いという意見である。

デートをするのは、ほとんど車で移動するので、
最近では郊外のラブホテルを利用するようになった。

高速のインター付近にあるホテルではなく、
もっと郊外に行ったところに意外に掘り出し物がある。

ホテル代も安いし、なにより部屋が大きくて豪華だ、
たまに失敗することもあるが、
いくつかすでにお気に入りのラブホテルを確保している。

またこのブログで紹介していこうと思う。

怪しい少年少女博物館

伊豆高原にある「怪しい少年少女博物館」を知っているだろうか。

別におすすめのデートスポットではないが、
名前からして変だから紹介していこう。

何度も行ったわけではないのだが、
そこはいつ行ってもお客がほとんどいない。

行くときは平日だからかもしれないが、
その名の通りその建物もショボイし、見るからに怪しい。
なのに入場料は1000円もする。

博物館の詳しい説明はしないので、
暇とお金のある人はぜひ話のタネに行ってみてほしい。

その中にひとつ気になるものがあった。
それは、わら人形を売っており、
そこでわら人形が実際打ってあった。

もちろん人の名前も書いてあり、
○○死ね!とか書いてある。

そんなことをしてもいいのだろうか?
ここで釘を打った人は、本気なのか、冗談なのか?

ある意味、本当に行動を起こすよりも、
こんなことで済むのなら良しとするべきなのだろうか。







シニア割引

彼女と月に2度はデートで映画にいく。

この前は「ラッキーナンバー7」を観にいった。

映画館には、私が50歳でいつもシニア夫婦割引で入る。
夫婦ではないのに・・・

ふたりで観て、2000円はかなり魅力だ。

今までシニア割引で行って、
一度も夫婦である証明をさせられたことはない。
なかなかいいサービスだと思う。

最近2人ともあまり贅沢をしなくなった、
逆にお得なことは、極力利用するようになった。

特に女性はそんなところがしっかりしている。

恋愛関係にあるのとないのと、そこが違うようだ。
彼女が彼氏のお金の無駄使いを気にするようになったら、
彼女の恋愛の気持ちは本当のようだ。



PageTopNext>>

プロフィール

うらすじ

Author:うらすじ
神奈川県横浜市在住
50代の親父
趣味は旅行とゴルフ
海と女性をこよなく愛す


最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
リンク
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。