スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻H

1~2ヶ月に1回ぐらい会う人妻がいる。
彼女は25歳だが、子供が2人いる。
昼間は、子供を保育園にあずけて、
飲食店のパートに出てる。

彼女は、私の友達の彼女の知り合いで、
みんなで食事したときに出会った。

その時、携帯のメールアドレスを教えて、
ほどなく彼女からメールがくるようになり、
やがて、デートするようになった。

なかなか会う時間がなく、
会うのは平日の昼間に限られる。
もちろん私も平日は仕事があるので、
どうしても会うのは、
1~2ヶ月に1度ぐらいになってしまう。

人妻とは、何人かと付き合ったが、
旦那以外の男と付き合う女性は、
やっぱり旦那に大事にされてないとか、
不満がある人が多い。

それだけに、彼女達とデートすると、
独身の女性とは違って、いろいろ楽しく過ごせます。

具体的には、この次に・・・




スポンサーサイト

じらすことの効能

男女の関係がある程度すすんで、
エッチの回数も増えてくると、
だんだんワンパターンになったり、
おざなりになったりする。

男は出しちゃうと、そこそこ満足するが、
女はそうはいかない。
男はもう一度原点に戻ってみよう。

貴方は彼女の感じるところは、もう知っているはずだ。
その部分を極力触らないようにする。

例えば、彼女が乳首が感じるなら、
絶対にすぐに触らないようにする。

関係ないところから始まり、
だんだん乳首に近づいていく。
そして、彼女にもうすぐそこをさわるよ、と意識させる。
でも触らない。

そうやってじらしながら攻めていく。
じらして、じらして、最後にそっと触る。

そうすると、彼女はもうそこを触られる気持ちよさで、
頭がいっぱいになってるので、
いつもとは違って、その反応は大きなものになるだろう。

もう濡れ濡れである・・・たぶん。

気をつけてもらいたいことがある。
じらすことは、2人の間のエッチの回数があるほうがいい、
まだ少なかったり、初めての人に対してやると、
ねちっこいと思われたり、イライラされたりして、
逆効果になる場合もある。

なるべく相手をみて試してみよう。




お付き合いしましょう。

皆さんは「付き合おう」と言いますか?
私は、気に入った女性と会えば、
すぐに「付き合おう」と言います。

そうすると大体女性は、何か言ってきます。
「わがままだけど、ちゃんと聞いてくれる。」
「私は、1番じゃないとダメだけどだいじょうぶ?」
「まだ、よく知らないから。」
「考えとく。」

彼女の言うことに対して、私の返事は、
大体、「いいよ」です。
今はその女性が気に入ってるのだから・・・

そう彼女に宣言しておいて、次から会うようにします。
そうすれば、彼女は意識して付き合うようになります。

もっとも彼女にその気がなければ、
だんだん避けられていくかもしれませんが、
それはそれで、いいと思ってる。

「付き合おう」と言うことなく、
ずるずると、頻繁に会ったり、デートしたりしていると、
そのうち、「私達付き合ってるの?」
と女性の方に疑問が出てくることがある。

だから、男性は「お付き合いしよう」
と言葉に出して宣言した方が良いと思いますよ。



出会い ナンパ?

以前、飛行機や新幹線に多く乗る機会があった。
機内や車内では、本を読んだり、寝たりするのが主だったが、
その内、隣に女性が座ると、話かけるようになった。
というのは訳がある。

ある時、東京から大阪の機内で、隣に女性が座った。
彼女は、仕事を止め、大阪の友達のところへ、
遊びに行くところだったらしい。

機内では、話が盛り上がり、
あっという間に大阪に到着した。

お別れを言い、そして、彼女は先に降りていった。

私も、少し遅れて出て行ったのだが、
なんと!彼女が出口で待っていたのだ。

一緒に食事でもしよう、ということになり、
そのまま食事&お酒というコース。

そうなってくると、私も男である。
今日、どっかでいっしょに泊まるか?
と彼女に聞いてみると、彼女はうなずいた。

こんなこともあるもんだ。
私達は、結局2晩一緒にいて、
彼女は、友達のところへ向かっていった。




日本以外全部沈没

昨日、映画「日本以外全部沈没」を観た。
前から気になって観たかったのだが、
昨日実現した。

はっきり言って、つまらなかった。

映画「日本沈没」のパロディと思って行ったのだが、
特撮、キャスティング、内容と、
「日本沈没」に較べて、落ちるのは仕方ないが、
あまりにも内容がくだらない。

ゲラゲラ笑えれば、それはそれで楽しいのだが、
そこまで面白くない。

レイトショーで見に行ったので、
1200円だったが、それでもまだ高く
普通に1800円を払う気にはとてもなれない。

「日本沈没」も「日本以外全部沈没」も同じ入場料はおかしい。
昨日はちょっと損した気分になった。

初めてタイに行った時

最近、タイでクーデターが起こった。
今は暇がなく、行っていないが、
以前はタイが好きで、年に1、2度は行っていた。

私は、ゴルフと観光が目的で行っていたが、
夜は当然のようにネオンの方へ・・・

最初にタイに行った時、タイに詳しい友人に、
「ゴーゴーバー」に連れて行ってもらった。

ゴーゴーバーとは、カウンターの上で、水着姿の女の子が踊り、
その前で女の子を見ながら飲むのである。
もし気に入った子がいれば、自分の席に呼べるし、
店外デートもできる。

私達が、そこで飲んでる時、
ちょうど出勤してきたひとりの女の子がいた。
彼女はルックスもスタイルもよく、
私は、その子に目が釘付けになった。

友達はそれを察して、「彼女とデートする?」と聞いてくる。
やがてその店のママと交渉し、
私は彼女とデートすることになった。

彼女は口がきけないので、あまりお客さんに呼ばれないらしい。
私はどうせ、タイ語もできないし、
彼女も日本語も英語できないみたいなので、
話せないのは気にならなかった。

外へ出ると、彼女は腕を組んできて、
そのままホテルへ向かった。

ホテルは薄暗く、あまりキレイではなかったが、
彼女がキレイなので、さほど気にならなかった。

服を脱いだ彼女のスタイルもキレイで、
タイ人の割りには、色は白く、胸も程よい大きさであった。

二人でシャワーを浴び、その後ベッドへ・・・

やがて、1、2時間ホテルで過ごした後、
二人で店に戻って行った。

店に戻ると友達は、女の子を何人か付けながらまだ飲んでいた。
彼はニヤニヤしながら、「どうだった?」と聞いてきた。

私、「良かったよ。可愛かった。」
友達、「そうか、それは良かった。でも彼女は男だぜ。」
私、「・・・。」

タイはニューハーフが多い。
その店にも何人かいる。
でもよく見ると、ニューハーフかどうかは分かるものである。
ましてや裸にして、エッチをすれば・・・

不覚であった、男とやったのだ。
店を出る時、友達は彼女を連れて行くか、と聞いたが、
私は断った。

顔といい、スタイルといい、アソコといい、
彼女(?)は女そのものであった。
やさしいし、気配りもできて、
少しの間しかいっしょにいなかったが、好きになりそうだった。

その時は、男とやったのがショックであったが、
今考えると、また彼女とデートしてもいいと思う。
私は、今でも女だと信じている。




映画 花田少年史

昨日、映画「花田少年史」を観に行ってきた。
コミックの映画化である。

コミックを読んでいたので、
それなりに楽しみにしていた。

笑いあり、泣きありで結構おもしろかった。

コミックは全部で5巻出ている。
コミックの方がおもしろいと思うので、
興味のある方はぜひ読んでみて!



熟女パブ

今日はおじさん5人で久しぶりに飲みに行った。
居酒屋で飲んでその後、当然のようにもう一軒。

やっぱりおねえちゃんのいるところに行きたいな、
というところで意見がまとまり、でも何処へ行こうか?

これといって行きたい店もないままブラブラしていると、
「熟女パブ」なる飲み屋を発見。

怖いもの見たさと、値段も安かったのも手伝って、
行ってみることに。

はたして、店に入るとフロアが大きい割りに、客は2,3組。
店内は暗く、店の隅に待機している場所があり、
そこでなにかがうごめいている。

恐る恐るそちらを見ると、いるいる熟女たちが・・・
やがて何人かが我々の席にやってきた。

でも近くに来ると、キャバ嬢ほどの華やかさはないが、
おばさんというわけではない。

話を聞くと27歳以下の女性は勤められないらしい。
みんな以前、水商売の経験があるみたいで、会話が楽しい。

あっと言う間の1時間で、結構楽しかった・・・
というのは私だけで、みんなは不満タラタラ。

結局その後、若い子がいキャバクラに行くことになった。



触れること

女は嫌いな人、または好きでもない人に触られるのを非常に嫌がる。
男は嫌いな人に触られても、嬉しくはないが、あまり気にとめない。

その差があることで、女にセクハラ被害の訴えが多い気がする。
男は触られることを、なんとも思ってないのだ。

ところが、好きな人に触られるのは違う。
お互い好きであれば、触れることで意識しあう。

男は相手の気持ちがわからない場合、触れることを気をつけよう。
触ることで、セクハラになったり、嫌われたりする可能性があるからだ。

女は相手の男を好きな時、積極的に触ってみよう。
男は好意のある女に触られると、
「この子、オレに好意があるんじゃないか?」と思ってしまう。

もし貴女のことが好きでなくても、ただそれだけで、
セクハラになることはないし、嫌われることもない。

もし貴女に好きな人がいるのであれば、
話すときに、そっと彼の腕や手を触って話してみてはいかがだろうか。

男が、もしあなたのことを意識しているなら、
二人の関係に少し変化が起こる可能性が。


毛じらみ 2度目

1度目はたぶん、友達の結婚式で地方に行った時、
仲間でソープに行ったその時にうつされたのだと思う。

実際、一匹ぐらいならそんなに痒くはなく、
卵が孵って、その数が増えたら痒くなってくる。

潜伏期間みたいなものがあるから、
何人かの人とエッチしたら、
誰からうつされたかは、正直なところわからない。

だから1度目もそうだが、2度目も絶対ではない。
もし違ったらごめんなさい。

2度目は、私が40代前半の頃、
月一ぐらいでデートする22、3歳女の子がいた。

彼女はエステの受付をしており、
一度、その店の男性エステへ行った時に出会った。。

その時デートの約束をし、それから月一ぐらいで会い、
会った時は当然のようにエッチをしていた。

ある日、彼女とホテルへ行った時、
「昨日、アソコの毛の処理をしたら、かぶれちゃって、ちょっと赤くなってるけど、病気じゃないから大丈夫だよ。」

私は、その時はあまり気にしなかったのだが、
アソコに顔を近づけると、
「今日はかぶれてるからダメ。」とこばんだ。

あきらかにいつもとは違った。
でもお互い最後までいき、その日は別れた。

彼女は、私のほかに彼氏もおり、
また違う男性も付き合っているみたいだ。

・・・やがて
また痒みに悩まされる日々がやってきた。

前の経験があったので、今回はすぐ毛じらみと気づいた。
よく見るとやっぱりもう毛に卵がついてる。

また剃るのか・・・
と思いながらもとりあえず薬局に薬を買いに行った。

そうしたら今度は、スミスリンシャンプーというのがあるではないか。
これは、お風呂に入った時、
アソコの毛をそれでシャンプーするだけである。

【医薬品】スミスリンL 80ml専用くし付(シャンプータイプ)

これはおすすめです。
パウダーみたいに白くならないし、
毛を剃らなくてもいいんです。

数日で痒みは消え、数週間で毛じらみは消えました。
私の推薦商品です。


毛じらみ

毛じらみを知っているだろうか。
髪の毛にいるのではなくて、アソコの毛いるやつだ。
非常に痒い。

私は病気はないが、
毛じらみは2度うつされたことがある。

1度目は30代の頃。
おしっこをしていると、毛にフケのようなものがついていた。
それを、取ろうとすると、
なっ、なんと!動くではないか!

落ち着いてよくみると、毛の中に何か動くのがいくつか見える。
毛じらみである。

早速、知り合いの医者に聞いてみた。
すると彼は、
「なに、やってんだよ。あんまり変なところで遊ぶんじゃないよ。」
「いや、遊んでないよ。近所の保育園でしらみが流行ってるみたいだから、それが原因かな?」
「髪の毛のしらみと毛じらみは種類が違うんだよ。毛じらみはあそこでしか生きられないんだよ。」

そうなんです。
毛じらみは、99%エッチでもらうみたいです。

昔、まだ日本が裕福ではない頃、
銭湯でかごに入れた他人の下着に毛じらみがついていて、
それが、下にあった自分のかごの中にある下着に落ちることはあったみたいだ。

でも今では、毛じらみをもっている人も少ないし、
銭湯に行く機会もほとんどない。

早速、薬局に薬を買いに行った。
「スミスリンパウダー」という。

毛じらみは毛の根元に卵を産む。
スミスリンパウダーは成虫は殺すが、卵には効かない。

毎日薬をつけるが、次々生まれてくるので、
いつまでたっても痒みは消えない。

結局、毛を全部剃ることにした。
すると、ようやく毛じらみはいなくなり、痒みは止まった。

毛のないアソコはなんとみじめなものか・・・
おかげで、他人と風呂に入ること、
ゴルフや旅行、もちろんエッチもできない日々が続いた。
皆さんも気をつけて下さい。

次回は2度目のときを報告します。



あえぎ声

貴方はエッチの時、声を出しますか?
AVを見てると、男優が、やたらにオーバーに声を出します。

あんな声ださねえよ。
そう思ってる貴方。私も同じです。

でも女性は、あんまり感じてなくても声を出すことがあります。
彼氏のために感じてるふりをしたり、
逆に、早く終わって欲しいためにイッたふりをしたりします。

もし貴方があまり声をださないのなら、
ちょっと無理して声を出したり、
少しオーバーに感じてるふりをしてみたらどうでしょうか?

AVのようにオーバーにする必要はありません。
あんなにしたらしらけちゃいます。
自分のツボにはまった時、ちょっと声や態度に示すのです。

男性も感じるとこや、行為は違うと思います。
もし貴方がそれを示さなければ、
彼女はわからないのです。
彼女に教えるためにも態度で示すのです。

「気持ちいい~」と言ってもいいですが、
いつもそう言うのではなく、
ちょっとビクッと動いてみたり、
「ウッ」とか軽く息をもらして、
彼女に自分の気持ちのいいところを教えてあげましょう。

貴方が、彼女が感じているのをみて頑張るように、
彼女も、貴方の感じているのを見て頑張ると思いますよ。






サルサバー

昨日、彼女とサルサバーに行きました。
二人で何かしようと初めて、もう半年ぐらいになります。

サルサバーは老若男女がいますし、
踊れなくても、先生が一から丁寧に教えてくれます。

費用は1ドリンクと講習費いれて、
1500円~2500円ぐらいでしょうか。

私も最初はひとりでいってみました。
先生もお客さんも私に合わせて簡単なことからやってくれます。

敷居も高くなく、人数も多くないので、
最初からひとりで行っても、全然問題ないです。

中には、そこで付き合うようになった人達も多々あります。
みなさんも気軽に一度いってみてはいかがでしょうか。

金髪のロシア美人S 本当の初夜最終回

乳首に舌を這わせると、続けて声をあげ、もだえる。
でも決して声は大きくなく、動きは激しくない。

やがて私の指は彼女のアソコへと向かう。
彼女に触れるとまた「ああっ!」と言ってのけぞった。

先ずはクリトリスをゆっくりと、そして執拗に触っていく。
彼女のアソコはもう既にかなり濡れている。

急に彼女は身を起こし、私のモノをくわえてきた。
彼女もゆっくりと丁寧に舐めてくる。

ふと自分の股間を見ると、
金髪の外人が私のものをくわえているのが見える。
なんとも言えない気分である。

そして私は彼女の上に乗り、
私のモノを彼女のあそこにゆっくりと入れていった。

かなり濡れていたので、すっと入っていったが、
私の小さなモノをもってしても決してゆるくはない。
どちらかというと、グッとしまってくる。

いかん!いかん!
どうも外国物のAVに汚染されている。

始めはゆっくりと、そしてだんだん早くしてしていった。
彼女は自分の指をかみながら声をもらしている。

足の指がそっている。
充分感じてるみたいだ。

やがて体位を変え、後ろから攻める。
彼女の声が大きくなった。
こちらのほうが、もっと感じるみたいだ。


・・・
そののち私もイってしまった。

何度も言うようだが、AVに出てくる外人とは違う。
いたって普通だ。
日本女性といっしょだ。

ことが終わって私の腕枕で彼女が寝ながら、
「よかった。私4回もいちゃった。」と言った。

これちょっと自慢話。
最後まで自分のモノの大きさが気になったけど、
ここは素直に彼女の言葉を信じてよしとしよう。



金髪のロシア美人S 本当の初夜その2

外国物のAVを見ると、
金髪女性が、「ヘイ!カモン!」と言って、
行為が始まると「おう!」とか言いながら、
やたら動きが激しい。

もっともあれはアメリカ人が多いが、
金髪というと、どうしてもそのイメージがある。


では続きを・・・
その後、浴室を出ると二人でベッドにもぐりこんだ。

またキスからはじまり、
彼女の体にそっと触れながら、バスタオルをはずした。

髪、頬、腕、肩をそっと触れていく。
彼女は静かだが、少し息が荒い。

やがて乳房に触れると、
彼女から「あっ」という声がもれた。

乳房やその他のところを触りながら、
ゆっくりとじらしながら乳首に近づいていく。
 
だんだん彼女の息使いが荒くなり、
あえぎ声もおおきくなってくる。

そしてそっと乳首に触れた。
その時彼女は「ああん」と言って大きくのけぞった。

「おう」じゃない「ああん」だ!!
これだと日本の女性といっしょだ!!
それに完璧に感じてるみたいだ!!

よし!いけるぞ!
自信をもった私は、次回下半身へ向かう。


金髪のロシア美人S 本当の初夜

シティホテルで過ごした日から一週間後、
その日もデートの後、一泊することになった。

でも今回はラブホ。
富士山にドライブに行った後、
インターチェンジ近くのラブホに入った。

またワインで乾杯をし、
その後、体を引き寄せ、髪を撫でながらキスを・・・

ボタンをはずし、そっと服をはいでいく。
すると彼女の白い肌が現れていく。

白人は色が白いが、肌はきたないというが、
彼女は決してそんなことはなく、
また外人特有の体臭もせず、ほのかに香水の香りがする。

やがて現れてきた彼女の裸体は、
均整のとれたスタイルをしている。

胸はそこそこ大きが、巨乳というわけではない。
乳首は、日本人のそれよりもピンク色で、
割と小さく、乳輪も大きくない。

あそこの毛は黒く、キレイにカットされている。
髪が金髪なので、その対比が妙に気になる。

「いっしょに、シャワーを浴びる?」と聞くと、
彼女はうなずく。

シャワーを浴びながら、キスをしお互いを洗う。
抱き寄せるために、彼女の腰に手をまわすと、
そのひきしまったウエストが、女らしさを感じる。

彼女が、ひとりでシャワーを浴びてる姿を見ると、
さながら外国映画をみているようである。

ルックスもスタイルも申し分ない。
本当にこれからこの子とやるんだ~。

やがて、浴室を出て、
二人でベッドにもぐり込んだ。

次回に続く・・・










PageTop

プロフィール

うらすじ

Author:うらすじ
神奈川県横浜市在住
50代の親父
趣味は旅行とゴルフ
海と女性をこよなく愛す


最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
リンク
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。